乾いた大地でふんわり育つセルリアは頬を染めた花嫁

f:id:otonann:20170414113611p:plain

▲園芸SHOPにて(セルリア・プリティピンク

 

以前、ドライフラワーでリースを作ることに夢中になったことがあります。ドライの中でもお気に入りだったのはセルリアというお花。春になると苗として店頭に並ぶ事があって、そのグラデーション美に見とれてしまいます。

 

 

頬を染めた花嫁「セルリア」

 

先日、セルリア・プリティピンクという植物に出会いました。

 

私の地域でセルリアの苗といえばこれという品種です。だけど出回る時期がとっても短いので、うっかりすると出会えない事もあります。

薄いピンク色が綺麗ですよねぇ。がくのカーブや内部の繊細な形状が芸術的。見つけると嬉しくなってじーっと眺めてしまいます。

 

 

▼セルリア・プリティピンク

 

f:id:otonann:20170414115921p:plain

   

[花言葉]ほのかな思慕・可憐な心・優れた知識・希望の星

[開花時期]2~5月

 ※花言葉は色や種類で違います。ここでは代表例を記載しています。

 

 

蕾も美しい~!

 

f:id:otonann:20170414120653p:plain

 

(4月上旬の園芸店にて )

 

 

英名でBlushing bride(ブラッシィングブライド)と言って、原産国の南アフリカでは「頬を染めた花嫁」と呼ばれているそうです。

そんな時期、私にもあったんだろうか!?・・・なぁんて昔を思い出したりして。何とも美しい名前をつけたものですよね。ダイアナ妃のブーケに使われたお花なんだそうですよ。 

 

セルリアは40種類以上あって、中でも最も美しいと言われているのが「フロリダ」という品種です。ドライフラワーで見かけるのは、ほぼ「フロリダ」ではないでしょうか。

 

 

ドライフラワーになっても美しさはそのまま

 

生花の状態と、ドライフラワーになった状態の画像を比較してみます。生花の画像は、私が数年前に別の園芸SHOPで撮影したものですよ。

並べてみても、やはり美しさはそのままですね。

 

いえ、むしろドライになると軽やかなピンク色が落ち着き、花嫁からマダムになった品格さえも感じます。

 

 

<生花> 

f:id:otonann:20170414112720p:plain

 

(4月上旬の園芸店にて )

 

 

 

<ドライ>

f:id:otonann:20170414105240j:plain

出展:ドライフラワー工房ねこじゃらし|セルリア・フロリダ

 

 

セルリア・フロリダ種はクック山育ち

 

こんな美しいセルリアのフロリダ種は、ニュージーランド最高峰の山、フランシュクック山の一部にだけ生えているんだそうです。(ニュージーランド南島南アルプス山脈に位置)

 

▼フランシュクック山(通称クックサン)

f:id:otonann:20170414110211j:plain

出展:クック山 – Wikipeia

 

 

セルリアは高さ2mの低木になります。大人の平均身長くらいになるわけですね。こんなに美しいぽわぽわしたお花が咲く低木なんて素敵~!

 

この山は、整備された登山道が1本も無いので難易度が高く、年間数百人の登山家のほとんどが途中で下山してしまうとのこと。そんな場所の植物をどうやって日本に流通してるの!?と思って調べてみたら、オーストラリアで栽培されたものが日本に来ているそうです(主に切り花)。

 

 

 

実は、セルリアは生育が早いので、種をまいて年を越さなくても同じ年に花を見る事が出来ます。害虫の心配もなく、種まきまたは挿し木で増やす事が出来ますよ。

オーストラリアの気候が合ってるのかもしれません。湿気に弱いので日本では育てるのは難しいですね。実は私、1度苗を購入して失敗しています。

 

 

 

 

それにしても・・・枯れない美しさ

いいですねぇ~。

そんな女性に憧れます。

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク