ツルニチニチソウが増えすぎて困る?広がって伸びる常緑グランドカバー

先日、散歩道横の斜面で自由に伸びるツルニチニチソウを見つけました。春の陽射しに当たった艶やかな葉と花がとても綺麗でしたよ。

Sponsored Link

ツルニチニチソウは葉も鑑賞できる丈夫な植物

(4月上旬 横浜市)

ツルニチニチソウは寒い時期でも葉をつけている常緑のつる植物ですね。春になると、花芽をつけて白や青色の涼し気な花を見せてくれます。

先日は、斜面に植えられていたアジサイの株元に、もじゃもじゃ!っと無造作に伸びて増えたツルニチニチソウを発見。つるの先端に花が咲いてました。

私が出会ったのは斑入りのツルニチニチソウ(白い模様が入っている)ですが、斑が入っていない種類もあるんですよね。斑が入っていない方が花付きが良いそうですよ。

▼斜面で増えるツルニチニチソウ


(4月上旬 横浜市)

ニチニチソウのビンカと何が違うの?

私が出会ったツルニチニチソウは「ビンカ属」です。そこでツルニチニチソウのことを「ビンカ」と呼ぶ方もいらっしゃると思うけれど・・・一般的に「ビンカ」といえばよく似た「ニチニチソウ」を言いますね。

▼ニチニチソウ(別名:ビンカ)

ニチニチソウは「ビンカ属」ではなく「ニチニチソウ属」です。同じキョウチクトウ科だから似ているのでしょうけれど、ちょっと納得がいかないところです。

<ツルニチニチソウ(別名:ツルビンカ)>


(4月上旬 横浜市)

[花言葉]幼馴染み、楽しき思い出、朋友、 優しい追憶

[開花時期]3月~6月

[形態など]つる植物、多年草

※花言葉は色や種類で違います。ここでは代表例を記載しています。

ツルニチニチソウは節から根が出てどんどん増える

(4月上旬 横浜市)

実は私も地植えしたことがあり、繁殖力の旺盛さに驚いたことがあります。

地面に植えたはずなのに、私の胸の高さ(1メートル程度)のウッドデッキの隙間からひょっこりツルが出ていたんですよ。良く見ると節から根が出ていました

伸びたツルの長さは約2メートル

ここで根付いてもらったら困ると思い、ひっぱってみたものの抜けません。元をたどっていくと、なんと約2メートル先の地面から立ち上がってきたつるでした。私の身長よりも長い!

壁をつたって伸び、ウッドデッキとコンクリートの間にあるわずかな土に根を下ろしたのです。ちょっと分かりにくいですかね・・・。

我が家はウッドデッキが高い位置にあるのです。

▼画像左上がウッドデッキ

とんでもない所から顔を出すので困る!という方が多いのも頷けます。地植えで年数が経つと大株になるので、撤去するのも大変なんですよね。

増やしたくない時は切り詰める

つるから根を出して増えていくのですから、短くしてしまえば被害は少ないです。何度も切り詰めて株は大きくなりましたが我が家の庭では広がっていませんよ。

病害虫がつく植物ではありませんし、花が無い時でも美しいカラーリーフになります。今は短く切り詰めて株立ち風にして楽しんでいます。ふんわりと立ち上がったつるも美しいですよ。

「ツルニチニチソウ」と「ヒメツルニチニチソウ」

ツルニチニチソウはどちらかといえば地植え向きですよね。一回り小さな「ヒメツルニチニチソウ(ビンカ・ミノール)」という種類もあります。葉も花も小ぶりで愛らしい。テイカカズラやハツユキカズラに雰囲気が似てますね。

▼ポット苗の様子

▼花も小さい。白色もあります。

出典:相馬グリーン|ヒメツルニチニチソウ

全体的にコンパクトなので、寄せ植えやハンギングにはヒメツルニチニチソウ(ビンカ・ミノール)が合わせやすいですね。寒さに強いのもヒメツルニチニチソウ(ビンカ・ミノール)の方です。

ツルニチニチソウは寒さで葉が傷みやすいので、冬に防寒をすると綺麗に鑑賞できますよ。

私は短くしちゃいましたが、性質を利用してグラウンドカバー(下草)やコンテナ、吊り鉢の縁から垂らしたりする育て方も素敵ですね。

Sponsored Link