花ほたる(コツラ)の黄色いポンポン咲きは可愛くて繊細な少女

通年出回る苗の中に、ポツンとあまり見かけない苗が並ぶことがあります。お花屋さんの店頭に花ほたる(コツラ)がありましたよ。細くて長い茎の先に、小さな黄色のポンポン咲きをする可愛いお花です。

 

切ない花言葉の「花ほたる(コツラ)」

 

「花ほたる(コツラ)」という可愛らしいポンポン咲きのお花と出会いました。

まんまるで小さく揺れる黄色が可愛いです。

 

f:id:otonann:20170411093624p:plain

(自宅にて)

[花言葉]失われた希望、はかない恋、恋の苦しみ 

[別名]コツラ ハッピーレモン バルバータ ヒスピダ ヒメアサギリソウ

[開花時期]5~7月

 ※花言葉は色や種類で違います。ここでは代表例を記載しています。

 

 

切ない花言葉です。
こんなに可愛いのに!

繊細で蒸れやすいこと、ほたるの光のような幻想的な雰囲気だからでしょうか。 

 

開花時期はどこを調べても5月でしたが、出会った時(4月)は既に数本咲いていていましたよ。暖かい場所に置いていたのかもしれませんね。ヒスピダという種類は葉が銀色が美しいですが、あまり出回らないようです。私の苗は銀葉だったので、おそらくヒスピダだと思います。

 

ヒメアサギリソウという別名も納得です。ふわふわの葉がアサギリソウに似ていますね。

 

 

▼花ほたる(コツラ)

 

f:id:otonann:20170411111442j:plain

出展:イングの森|コツラ ヒスピダ

 

 

▼アサギリソウ

 

f:id:otonann:20170411112224j:plain

出展:園芸ネットプラス|アサギリソウ(アルテミシア)

 

 

ネモフィラと一緒に寄せ植え 

 

ほぼ花期が同じ、ネモフィラ・ペニーブラックと一緒に寄せ植えしましたよ。ネモフィラは水色もあるけれど、私はこの濃いブルーと白い縁のコントラストが好き。濃いブルーのネモフィラは、他にクレオパトラやメンジーシなど色々あるようですね。

 

蕾の時から可愛らしい。金平糖みたい。 

 

 

▼ネモフィラ・ペニーブラック

 

f:id:otonann:20170411094643p:plain

(自宅にて)

 

 

f:id:otonann:20170411100920p:plain

(自宅にて)

 

 

うーん・・・ブリキが良い感じに錆びていたので使ってみたんですが、ちょっとメルヘンチックになりすぎてしまいました。想像と違う仕上がりです。この鉢は蒸れが心配なところですね。

 

一緒に植えたネモフィラの花言葉は「どこでも成功・可憐・あなたを許す」でした。

花ほたる(コツラ)と花言葉を混ぜて、私なりに解釈すると・・・

切ない恋を経験したけれど、恋が叶わなかった相手の方を許して次の階段をのぼれば、きっと成功する。そんな感じでしょうか。

 

叶わぬ恋の悲しさをバネに成功するお話、映画でもよくありますね。

花ほたる(コツラ)は、恋をして綺麗な大人になっていく少女のようです。

 

 

 

~ホタルの光る理由・あれこれ~

ホタルの光り方には、プロポーズのため、刺激された時、敵を驚かせるための3種類と言われている。発光するのはすべてのホタルではなく、ゲンジホタルとヘイケボタルが代表的。中でもゲンジホタルは強い光を放つ。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク